IMG_27870a.jpg IMG_4501a.jpg
Nespresso

おうちがカフェに。カプセルだから簡単なんです・ ネスプレッソ。


はぴカフェ > コーヒーミル > モダンなザッセンハウス

2013年08月28日

モダンなザッセンハウス

IMG_1047c.jpg

Zassenhaus Cofffee Mill "Guatemala"
ザッセンハウスの新しいコーヒーミルを入手しました。 日本未発売のGuatemala グアテマラ。 新しい会社になって以降の製品で、 コンパクトでスリムなキューブ型ボディはとてもモダン。 すごく小さいのに手に持つとずっしり重いこのミル。 正直デザインで買ってしまったミルですが、 質感は予想以上。中身もしっかりしており、 お気に入りアイテムの仲間入り。 ・・・





Zassenhaus Guatemala

最近ではヴィンテージ物に興味が移り、 新生ザッセンハウスのコーヒーミルは静観状態だったここ数年。 久しぶりに買いたいミルが現れました。 四角い個性的デザインのザッセンハウス グアテマラ。 やっと順番が回ってきて今回ようやく注文へ。 使い勝手は賛否両論あるようですが、 挽くためのミルなら他にもあるので、 それはあまり気にしていません。

IMG_0848c.jpg

丸にZの文字をあしらったロゴが光る Zassenhaus Guatemala コーヒーミルのパッケージ。 新しい会社に変わってからのザッセンハウスの箱のデザインは、 ずいぶんおしゃれになりました。

IMG_0855c.jpg

それにしても小さくて細長い形。 まるでハバナやリマでも入っていそうな大きさです。

IMG_0853c.jpg

コニカル(円錐)型のグラインダーで、刃はステンレス製。 中にガラス製の丸いコンテナ(ジャムの瓶みたいなガラス瓶)が内蔵。 中のコンテナを外すと、粗さ調節が可能なタイプ。 写真のように蓋は上からはめ込んであるだけと作りはシンプル。

IMG_1063c.jpg

箱に書いてあるモデルナンバーは、041071。 メーカーHPに載っている写真と同じ品番ですが、 写真を見るとデザインが少し違い、 154シリーズみたく丸いドーム型の蓋がついてます。

IMG_2209.jpg

これが、ザッセンハウス サンホゼ(旧154)。 一番愛着がある154シリーズで、 154SM含め、サンホゼまで 結局4台ほど買いましたが、 もう販売終了なのが残念。

IMGP1030c.jpg

ザッセンハウス サンティアゴのパッケージ。個性的なニーミルタイプの四角いミルです。 ドイツなら各種バリエーションが選べるのですが、 最近の日本向けは、バリエーションに乏しく選択肢があまりないのが現状。

IMG_1048c.jpg

箱から出してみたGuatemalaグアテマラ。 木の部分だけ見ると、 丸い蓋やハンドルがなければ積み木のようなキューブ型。 予想外に小さくてビックリ。 そして重い。片手で持つと落としそうです。

IMG_0887c.jpg

それもそのはず、Zassenhaus Guatemala、重さを測ると946g。

IMGP1862c.jpg

軸の先端が六角形になっており、蓋はそこにはめ込むだけ。 ズレることもなく、取り外しは簡単。

IMG_0857c.jpg

ちなみに丸いノブは、取り外しできるパーツで、 磁石が付いており、 ハンドルとしっかり密着。

P8260225c.jpg

Zassenhaus Guatemala コーヒーミルに使われている木材は、Wenge(ウェンジ)というアフリカ原産の材で、 独特の美しい木目を持った 褐色のダークな色合い。 黒を基調にしたモダンなインテリアによく使われ、 木/ステンレスの組み合わせがクールなGuatemala にはピッタリ。

P8260224c.jpg

同じドーム型の蓋を持ったアンティークなザッセンハウス154SMと並べてみると、 そのコンパクトさを実感。 高さが同じくらいなため、 この写真ではそれほど違いがあるように見えないかも知れませんが、 かなり小さいです。 これでGuatemala の方がずっと重いのですからさらに驚き。

当初購入予定だった Guatemala とは少し違うミルが届いたものの、 実物を目にし、木の質感などを確かめる内に、 次第に気に入ってきた Guatemala。 デザインだけでも十分買う価値あり。

IMG_0892c.jpg

上からみると、ザッセンハウス グアテマラの小ささを再確認。 これだけ専有面積が小さいと、邪魔にならなくて大変結構。 蓋があるからホコリも入りません。

IMG_0902c.jpg

ミルの形は全然違いますが、大きさのイメージとしては、フランスのプジョー ディアボロ位を想像すればいいかも知れません。それくらいコンパクト。 ディアボロのように 常に手元に置いておきたくなるマスコット的存在。 Zassenhaus Guatemala は、使い勝手の点で、 おそらく好みの分かれるミルだと思いますが、 結論から言うと、非常に気に入りました。 サンティアゴ(156シリーズ)みたいに、 少し使いにくいところはあるけど、それがどうしたと思える魅力を持っています。

IMG_1044c.jpg

写真を撮っていると、突然猫さん登場。 いつものようにチェックが入りました。 というわけで、 今回はこの辺でおしまい。 内部の様子や使い勝手は次回へ持越し。 。。。

・ザッセンハウス グアテマラ取扱店
・ザッセンハウス コーヒーミル


この記事へのトラックバック
ioPLAZA【プレミアムアウトレット】
アウトレット品・ ワケあり掘り出し物が、タイムセールスで大放出!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。