IMG_27870a.jpg IMG_4501a.jpg
Nespresso

おうちがカフェに。カプセルだから簡単なんです・ ネスプレッソ。


はぴカフェ > Nespresso/ネスプレッソ > ラティシマプロのホットミルク

2014年10月07日

ラティシマプロのホットミルク

IMG_4443c.jpg

Nespresso Lattissima Pro F456
ラティシマプロにあってラティシマプラスにないもの・・・ それが「ホットミルク」と「給湯機能」。 オートカプチーノ機能があるラティシマプラスでは、 クリーミィーなミルクが簡単に作れるのですが、 基本的にミルク→コーヒー抽出の連続作業。温かいミルクだけ作るボタンはありません。 ラティシマプロでは、「ホットミルク」ボタンを押すだけで、簡単に温かいミルクだけ作ることが出来ます。
・・・




IMG_4234c.jpg

IMG_4038f.jpg

IMG_4476d.jpg

ラティシマプロとラティシマプラスの違いでわかりやすいのが、ボタンの数。

ラティシマプラス:
エスプレッソ、ルンゴ、カプチーノ、ラテマキアート

ラティシマプロ:
リストレット、エスプレッソ、ルンゴ、ホットミルク、カプチーノ、ラテマキアート、給湯

ラティシマプロでは、 コーヒー用のリストレット(25ml)、ホットミルク(120ml)、給湯ボタンの3つが増えました。 ネスプレッソラティシマプロの紹介コメントでは、給湯はメニューに入っていないので、たぶん 「6つのメニューボタン」となっていると思います。

IMGP0526c.jpg

ラティシマプラスでも、ラテマキアートボタンを押せば、 蒸気で温められたミルクが自動的に注がれます。 ただ、あくまでラテマキアートボタンは、 ミルク→コーヒーと連続抽出が基本で、ミルク抽出が終わればすぐにノンストップでコーヒー抽出を始めてしまいます。つまりコーヒーカプセルを入れなくてもお湯だけ出てしまうのです。

ですから、温かいミルクだけ作るには、もう一度ボタンを押して止めなくてはなりませんでした。

IMG_4438c.jpg

新製品のネスプレッソ ラティシマプロでは、 「ホットミルク」ボタンが新たに追加されたおかげで、 温かいミルクを作るのもボタンを押すだけ。

IMG_4489c.jpg

温かいミルクだけ飲みたいとか、いう場合でも 簡単にホットミルクを作ることができます。

IMG_4443c.jpg

スチームで作りますから、空気が含まれてなめらかで甘みがあり、 そのまま飲んでもおいしくいただけます。 コーヒーが苦手な方でもミルクだけ手軽に楽しむことができるんです。 タッチセンサーだから、好みのボタンに軽くタッチするだけ。

ラティシマプロを使うようになってから、 周りの雰囲気が変わりました。 特に夜。

IMG_4505c.jpg

IMG_4501c.jpg

部屋が少し暗くてコーヒーメーカーの電源を入れると、 LEDライトが光るので、そこだけ浮かび上がってすごくおしゃれなんです。

使ってみるまでは、 ボタンが増えただけなのかな?と思っていましたが、 ボディのアルミパネルや トレイの金属の質感が高く、 タッチパネルの操作性もいいですし、 値段相応の満足感は得られているようです。




・ネスプレッソ ラティシマプロ F456

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406672524
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ioPLAZA【プレミアムアウトレット】
アウトレット品・ ワケあり掘り出し物が、タイムセールスで大放出!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。